カードローンセレクト
    

カードローンとは

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いは何?と思う人は多いと思います。この名称から連想できるままなのですが、お金を借りる上での両者の違いはあまりありません。カードを作ってローンを組む、キャッシングするということです。

あえて区別するならばカードローンは高額な借り入れをするイメージ、キャッシングは少額といった感じで使われています。そのためカードローンは比較的審査が厳しい反面、低金利で長期間かけて返済していく傾向です。

キャッシングは審査がゆるく即日融資があるかわりに、比較的金利が高く設定されています。しかし一定期間内であれば無利息なプランがあります。期間内返済で利子0円といったレイクのプランとかです。車や時計など高額なローンを組みたい場合はカードローンを利用し、50万円以内の急な入り用で短期間で返済する予定がある場合はキャッシングといった使い分けることが必要です。

銀行系と消費者金融系の違い

ご存知の通り、現在ほとんどの消費者金融は大手銀行の子会社となっています。あのプロミスも銀行の傘下です。そのため両者の業態を比較するときの基準は、銀行法によるのか貸金法による運営なのかで判断する必要があります。多くの消費者金融は、銀行の子会社であっても、消費者金融として業務を続けているからです。銀行法に準ずる会社の場合、総量規制の対象外であるため、すでに他の機関から融資を受けている人でも審査が通りやすいです。また長い期間低金利で借りられるといったメリットがあります。

貸金法に準ずる会社の場合はなんといって融資の早さでしょう。申し込んだ即日に引き出せたりします。無利息の期間もありすぐに返済する予定の人であれば気軽に借りられます。保証会社を通す必要なく、在籍確認も電話ではなく書類で済ませられることがほとんどです。まとめると高額の借り入れを低金利でしたい人は銀行系。即日融資で少額の場合であれば消費者金融系が良いでしょう。

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンは文字通りお金を借りる人のためのカードです。ATMで現金は引き出せますが、ショッピングなどができないといったデメリットもあります。しかし比較的金利が低く設定されています。消費者金融系で期限以内の返済であれば金利0円といったカードもあります。銀行系は総量規制の対象外となり、限度額が多ければ多いほど金利が低くなる傾向があります。銀行系は審査は若干厳しいという噂はありますが、個人の事情によって変わってくるのでそのかぎりではありません。

クレジットカードのキャッシングはカードローンよりも金利が高いです。お金を借りるといった目的だけであればおすすめしません。普段はショッピングが主体で万が一お金が必要になった時にキャッシング機能は便利です。特に海外旅行に行った時など現金しか受け付けてくれないお店などもあります。その場合も期限を繰り越して返済すれば高い金利を払う必要はありません。

両方の機能を兼ね備えたカードもありますが、買い物は買い物、現金は現金と分けて使うのがいいでしょう。その方がお金の管理がしっかりとできて、後々の返済も遅れることがなくなるでしょう。お金を借りる、キャッシングを目的とするなら専用のカードローンを申し込みましょう。

レイク

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 申込み完了画面に表示
融資スピード* 最短即日
* 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

レイクの公式サイトへ

モビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード* 最短即日
* 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

モビットの公式サイトへ